地方の人々に出会う旅

新宮人 no.27

花街だった大王地の華やかな時代を彩った ─ 芸者姉妹もんちゃん&みっちん

浅井もと美/高橋美智子

IMG_4334-e1450076671288

有名人のお座敷での逸話など、貴重な話がポンポン飛び出す。

20歳くらい?熊野速玉大社)-e1450081997982

熊野速玉大社にて芸者時代のもんちゃん。

16歳-e1450082022294

舞妓さんとしてデビューしたときのみっちん。16歳だった。

IMG_6536-e1450076831341

今も残る、大王地のあんどん。風情を感じさせる。


PageTop

かつては木材の集積地として栄えていた新宮市。花街だった大王地は林業に携わる旦那衆たちが通い、芸者も1960〜70年の繁栄時には100人ほどいたときもあったという。

 

浅井もと美さん(写真右)と高橋美智子さん(写真左)はその時代、芸者として活躍した美人姉妹だ。二女だった高橋さん(通称みっちん)が花街に入ったのは15歳、長女の浅井さん(通称もんちゃん)はその2年後のこと。父が病気がちで経済的な理由からだった。

 

「もんちゃんはきれいでね。どえらい売れっ子やった。代わりに私が行くと、お客さんに“こんなの呼んでない”って言われたよ。もんちゃんは一滴も飲めなかったけど、私は芸もないから飲む専門。これしか勝てん(笑)。飲み過ぎるともんちゃんにつねられた」とみっちんはケラケラ笑いながら話す。芸者時代は、昼間は踊りに三味線、長唄、小唄、鳴り物とお稽古三昧、夜はお座敷に上がり、忙しく厳しい毎日だったが、姉妹二人、励まし合ってがんばってきた。

 

「辛かったと言って、親を恨んだりはしていないですね。そういう時代でしたから」ともんちゃん。顧客の名前を聞くと、俳優の勝新太郎や北大路欣也、横綱の大鵬、作家の中上健次、野坂昭如などそうそうたる面々。みっちんの歌をお座敷で聞いた監督に気に入られ、北大路欣也主演の映画『火まつり』に出演したことも。「ガラの悪いホステスの役だったんだけど、もんちゃんは上品だったから私に声が掛かった(笑)」。

 

現在、もんちゃんはスナック「司」のママとして、みっちんは娘さんが経営する「ほほえみ」で週2回、働いている。華やかだった時代の大王地の花街の話など、じっくり聞いてみたい。

住所:新宮市薬師町6-7
電話:0735-22-2444

 

ほほえみ

住所:新宮市薬師町6-15
電話:0735-21-3195